ピアノ教室と中古ピアノを

ピアノ教室に通う子、中古ピアノで奏でる子

ピアノレッスン

幼少期にピアノを始めると、まず最初に考えるのが、女の子が多いなと言う印象で、どうしても自分には合っていないイメージがついてしまい練習に身が入らなくなる事がありましたが、ピアノ教室の発表会に行くと、意外と男の子が多くてまた頑張ろうと思えるようになる、そんなピアノ教室だったと記憶しております。
やはり、最初のイメージとして音楽関係の教室やレッスンは女性比率が高いがゆえになかなか踏み込めないというものがついてくる子供心、しかし同じような男の子の存在が、もっと頑張れると考えるようになることもあるのではないでしょうか。
練習をするときでも、物差しが欲しくてもピアノ教室ではマンツーマンなところがほとんどですので、自分の物差しは先生の言葉だけになってしまいます。
あとは教則本の進捗あたりがひとつの物差しになりますが、それでも見えない物差しには違いないと考えられます。
発表会に出るようになって他人との差がわかるようになり、練習を本格的に意識しようとして、ピアノを購入するのですが、基本的にとても高い代物になるので、初心者でも最初は中古ピアノから入る方が殆どだと言えるでしょう。
近年は中古ピアノも、ライトアップピアノだけにとどまらず、手軽に練習が出来ると言う意味でもステージピアノや、軽めのエレクトロピアノが主流になってきて、中古ピアノの中でもコストがだいぶ下がってきたように感じられます。

実際にライトアップピアノだとしても本質的なピアノですと、ステージピアノの新品が買える値段の中古ピアノになるので、特に需要は用途により変わってきていると言えます。
ピアノ教室に合わせて本質的なピアノが望ましいのはもちろんですが。

情報siteへ

ピアノを購入するなら|ピアノ購入で迷わない!お役立ちサイト